2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【チベット】ダライ・ラマ14世「後継者、チベット人の支持必要」 中国共産党政権が選定する「15世」には正統性がないとの認識強調[06/20]

1 :はるさめ前線φ ★:2010/06/20(日) 08:16:35 ID:???
ダライ・ラマ「後継者、チベット人の支持必要」

19日、インタビューに応じるダライ・ラマ14世(長野新幹線の車内で)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20100620-918076-1-L.jpg

 来日中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(74)は19日、都内から長野市に移動する
車中で本紙と会見し、「自分の死後、中国側が次のダライ・ラマを選ぶのは明らかだが、
チベット人は受け入れないだろう」と述べ、民意という観点から、
中国共産党政権が選定する「15世」には正統性がないとの認識を強調した。

 伝統的制度を根拠にして、後継決定権を握っている政権に対し、「民主」という対立軸を明示したものだ。

 後継と民意の関係について、ダライ・ラマは「チベット人の大半が必要ないと思うなら
ダライ・ラマ制度を廃止してもよい。だが、世界各地のチベット人のほとんどが制度存続を望んでいる」とも述べ、
民意の支持がない後継者選びには正統性がないことを強調した。

 また、後継問題ではチベット仏教の様々な宗派を超えた話し合いが行われていると明らかにした。
自らの死後に生まれ変わりの活仏として選ばれる「15世」が、
チベット社会でより幅広い支持を得るための準備工作と言える。

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20100620-918103-1-L.jpg

 ダライ・ラマは民意、民主化を重視する姿勢を繰り返し強調、
「中国が開かれた社会になれば、チベット問題だけでなく多くの問題が改善する」とも語った。

 こうした発言は、「中国国内での後継選定」を絶対視する政権側に対抗するものだ。
政権は、18世紀の清朝・乾隆帝の時代から、ダライ・ラマは「中央」の承認下で選ばれてきたとして、
「伝統」重視を強調、2007年には、生まれ変わりの子供を選ぶ過程から最終決定までの各段階で
政権側の承認を義務づけた。

 政権は、後継選びについて「ダライ・ラマが死ぬのを待って話せばよい」
(チベット自治区のパドマ・チョリン主席)としており、14世の死後、国内で15世の少年を選び、
「愛党・愛国」を最優先する宗教指導者に育て上げ、政権側に囲い込む構えだ。

 ダライ・ラマは、こうした政権の姿勢について、1995年に政権が独自認定したパンチェン・ラマ11世を
例に挙げ、「(彼は)今月チベット自治区を訪問したが、自発的に礼拝に行った住民はいない」と述べ、
住民の支持が得られてはいないと力説した。

 02年から今年2月まで9回行われた中国側とダライ・ラマ特使による対話の今後については、
「選挙で選ばれる亡命政府の首相が主要な責任を負うことになる」と言明。
11年に実施される次回選挙まで事実上凍結されるとの立場を示した。

 ダライ・ラマは、08年に中国チベット自治区で起きた暴動を受けて北京五輪聖火リレーの出発地点を
辞退した長野市の善光寺などの招待で18日に来日。28日まで日本に滞在する。(国際部 梁田真樹子、写真も)
>>2以降に続く)

(2010年6月20日03時07分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100620-OYT1T00062.htm

関連スレ
【チベット】ダライ・ラマ来日 善光寺(長野市)で平和祈念、金沢市・横浜市でも講演[06/18]
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1276894923/
【日本・チベット】ダライ・ラマ14世が善光寺で法要 聖火リレー辞退に感謝[06/19]
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1276943895/

2 :はるさめ前線φ ★:2010/06/20(日) 08:16:48 ID:???
>>1の続き)
 ◆ダライ・ラマ制度=ダライ・ラマはチベット社会で政治・宗教両面の指導者を務める。
観音菩薩(ぼさつ)の化身で、死後は別の人に生まれ変わると信じられており、
後継者探しでは高僧たちが予言などに基づく「転生者探し」を行う。
ダライ・ラマ14世は1935年に中国青海省の農村で生まれ、2歳の時、13世の転生者と認められた。
ダライ・ラマに次ぐ高位のパンチェン・ラマも転生すると信じられている。
95年には、ダライ・ラマが、死亡したパンチェン・ラマ10世の転生者として6歳の少年を認定したが、
中国はこの少年を軟禁状態に置き、別の少年を11世に認定した。

 ◆チベット問題=チベットは、1912年の清朝滅亡後に独立を宣言したが、49年10月成立の
中国共産党政権は51年、チベットとの間で「帝国主義勢力の一掃」などをうたう協定を強制的に結び、
人民解放軍をラサに進駐させた。共産党が宗教弾圧を強化する中、チベット仏教への信仰があつい
住民の不満が高まり、59年3月に解放軍と衝突。ダライ・ラマ14世はインドに亡命し、
ダラムサラでチベット亡命政府を樹立した。中国国内では住民がダライ・ラマの写真を持つのも
禁じられており、チベット系住民の反感は強く、抗議デモや暴動が頻発している。

3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 08:24:05 ID:2TysC6nb
もう殺しちゃったの?

4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 08:28:25 ID:gyh/PLiQ
ゲド戦記2を読んだんだが、登場する宗教的慣習はチベッチ仏教を参考にしたのかな?
巫女の転生と化身の転生がそっくりだ。

5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 08:34:20 ID:iuFMIEVZ
現代においてなおこんな非道な弾圧を行っている「中国」のことを、全人類はよく知るべき


6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 08:43:38 ID:gWGMzsSJ
軟禁じゃなくて誘拐の上殺害だろ。何処にいるのかすら分かってねえ。

7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 08:46:56 ID:B9yT+Lyx
中共は非道

8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 08:50:15 ID:26aNYO/o
酷い国、中国。
人民解放軍はチベットを侵略支配。
これが許されるのが、弱肉強食の世界っちゅーことだね。
やだやだ。

9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 09:01:46 ID:269nCUFn
日本も笑ってられないけどな

526 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/06/20(日) 08:49:04
お早うございます。朝から不愉快な事実を発見!
@kimihiro3526
丹羽宇一郎中国大使が以前どこで「日本はいづれ中華の一部になればいい」
と言ったか。Japan is better to be a part of China by Mr. Uichiro Niwa
【質問の答え】『月刊文芸春秋2004年12月号』 
売国奴か…。

10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 09:40:07 ID:FBDJ4iL5
熊本日日新聞 新生面 12月4日付

平山郁夫氏には、「中庸[ちゅうよう]」を得た人というイメージがあった。
「中正・不易(変わらぬ)」の意で、「足して二で割る」とは正反対の生き方をする
人のことを言う▼原点は広島。15歳で体験した被爆だ。
中略
▼印象的な写真がある。幻の王国・楼蘭。必死でスケッチする夫の傍らで、鉛筆を削る妻。
中国の担当者から許された制限時間は30分。二人三脚で仕上げたスケッチは8枚に上った
(「平山郁夫と玄奘三蔵法師ものがたり」生活の友社)。
享年79。玄奘の帰路の心境だったろうか。

おっさん。
書き出しから知ったかぶり自慰はやめてくれ。虫唾が走る。
中国の核実験は干上がったロプノール湖周辺で、大気圏内核実験はロプノールの北西約百キロなんよ。
楼蘭はロプノール湖の西岸に位置し核実験がバンバンやられたところのすぐそば。
平山が楼蘭に行ったのは1986年。1980年まで大気圏内核実験をやってたんだから残留放射能の危険は
相当なものよ。
ここは人民解放軍の管轄。
中国の担当者というのは軍の関係者だから危険地域ということは承知の上で長時間命を危険に晒して
絵描きに付き合うかよ。
被爆体験の平山が無神経に楼蘭の絵を書くということが異常。
NHKのシルクロード番組と同じで、放射能汚染地域に日本人観光客を呼び込む効果をもたらしたんだ。
なにが、玄奘の帰路の心境かよ。
能天気の心境だろう。
平山の能天気さをもうひとつ。
日本軍が壊したといわれて南京障壁の修復に延べ約二万人の青少年を動員したんだ。
しかも南京大虐殺記念館研修とセットなのがミソ。
城壁を破壊したのは日本軍ではなく文化大革命の中国だったのが、後でばれて右往左往。
中庸じゃなくてただの馬鹿。
おっさん。
もうペンを置けよ。いや折ってしまえ。



11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 09:46:56 ID:UrNXVwe9
数百年後の天皇が漢人になったりしないだろうな

12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 09:49:41 ID:N4T6On5j
偉大なる中華世界の一員になるのだ

13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 09:54:16 ID:jVaJE4EI
民意って、活仏選ぶのは民衆じゃねーだろ。何言ってんの。
宗教上の決まりを政治と結びつけるから、民意とか意味不明なことを言うハメになる。

14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 10:15:59 ID:qaqW9Ghb
殺害してたら、転生してるから儀式始めれるもんね
中共としては、絶対に殺したとは言えん

15 :闇仙 ◆ZfXxlDUuVU :2010/06/20(日) 10:20:24 ID:6NYHgy03
>>11
それを画策している連中は確実にいる
女系でもいいじゃないかという連中だ

16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 10:26:46 ID:UDGzwkZN
中狂が無理やり政治と絡めようとしてるから、そのカウンターでやってるんだろ。
あいつらがいなければこんな面倒くさい事言わんで済むんだよ。

17 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 12:39:31 ID:TcKy6iu/
2chにもだいぶ中国人が増えたな


18 :革マル印のカスタ〜ド☆:2010/06/20(日) 12:42:14 ID:wZbUW4b/
>>15
外戚がのさばりそうだな…
持統帝みたいなスーパーバイタリティおばちゃんが天皇になっても困るしw

19 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 13:40:33 ID:UbH9d/UV
>>17
隠れて煽ってたのが表に出てきたのか、
シンガポ−ルと日本人母のハーフとか言ってた奴いたけど
統一協会で連れ去られた先が中国スパイ養成所とかいう
流れある臭いな〜

20 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 16:55:11 ID:43etKsLV
>95年には、ダライ・ラマが、死亡したパンチェン・ラマ10世の転生者として6歳の少年を認定したが、
>中国はこの少年を軟禁状態に置き、別の少年を11世に認定した
この6歳の少年は生存しているのか?


<中国>政府認定の「パンチェン・ラマ」 チベットで初説法
6月16日20時32分配信 毎日新聞
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000078-mai-cn

50年後にはチベットは完全に中国の一部になっていそうだ…

21 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 17:53:25 ID:mngOaybe
中国のチベット支配を批判する前に日本政府による在日韓国朝鮮人弾圧に目を向けるべきでは?

22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 18:01:30 ID:vsj4Lue/
>>21
一緒にするのはチベットの方に失礼です。

23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 22:13:04 ID:Zh0L3EaP
>>4
ル=グウィンの背景を考えると、ネイティヴ・アメリカンの風習から取った可能性が高い。
もっとも、チベット仏教の活仏も、金枝篇における「未開社会」の「死せる神=王」の一種に過ぎない。
ル=グウィンの両親は文化人類学者なんだから、まぁ知っててもおかしくはないな。

>>20
チベット側が認定したパンチェン・ラマが生きていようが死んでいようが、
北京政府は公開しないだろうねぇ。公開するメリットがないもの。

エイルのもとにアルスターが戻ることはなし。ガンデンポタンのもとにチベットが戻ることもなし。

24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/20(日) 23:12:50 ID:UbH9d/UV
ぶっちゃけ今の中国人って西遊記の妖怪とかわらんし捕まえた当時に喰ったんだろ

25 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/06/22(火) 23:46:21 ID:4GNyRv3B
@パンチェン・ラマ(ニマ少年)とその両親の拉致事件

1995年5月14日、ニマ少年を、ダライ・ラマ14世がパンチェン・ラマ11世として公式に認める。
5月17日、両親とともに姿を消す。当時6歳。
国連こどもの権利委員会が行った綿密な長期調査への返答という形で、1996年5月28日、中国当局が少年と両親の拘束を認める。
しかし、現在にいたっても中共は彼と彼の両親の安否を明らかにせず、消息不明のままである。
もし存命であれば、彼は今年で21歳になる。
今年4月の記者会見で中共の報道官は質問に答え、「ニマ少年は、ほっといて欲しいと言っている」と嘯いた。

▼パンチェン・ラマ問題
http://www.tibethouse.jp/panchen_lama/gc_nyima.html




13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)